トーンカーブでカラー補正【メガネ型カメラの映像を調整】

トーンカーブでカラー補正

メガネ型カメラ その2 テスト撮影 とカラー補正 【TEM-538】(ウェアラブルカメラ。ドローン。)の記事で補正の解説すると言ったまますっかり忘れていました^^;   

という訳で今日はメガネ型カメラで撮影した色味のおかしい映像をトーンカーブ一発で補正する方法を紹介します。

今回もできるだけシンプルな解説にして、更に細かいことは別の記事で順次フォローしていこうと思います。

 

まずはメガネ型カメラの映像とその補正の動画を御覧ください(^^)

どうでしょうか。 安価なメガネ型にしてはよく撮れてはいますがオリジナルはノスタルジー感じる色味ですね。 

トーンカーブでカラー補正

下の画像がオリジナル(縮小はしてますが)なのでぜひ一緒に練習してみましょう。※この2枚はクリックで大きめに拡大します

トーンカーブで色の補正
オリジナル

トーンカーブでこのようにすると

トーンカーブのカラー補正

↓↓↓↓↓↓


※色だけ変化するようにモードをカラーにしてます

こうなりました。 くすんだ印象から鮮やかさが取り戻されたかなーと思います。

今回は練習用にトーンカーブの「色」の補正だけで明るさその他の調整はしていません。
下で説明しますがトーンカーブのレイヤーの描画モードをカラーにしています。
※Youtube動画ではノイズ除去と60fps変換もしています それについてはまた別記事で書きます

 


今回も私はAfterEffectsを使用してますがお手持ちの編集ソフトでもトーンカーブが入っていれば同じです\(^o^)/

では順を追って見ていきましょー。

以前は白や黒を基準にしてのカラー補正を紹介しましたが、今回の映像は基準となるホワイトポイントがないんです。 困った。

参考
必見!波形モニタープラグインを使ったカラー補正
波形モニターで色補正 まとめ &挑戦してくれた人紹介
ホワイトバランスの調整 その1 【色温度、色かぶり補正】

今回の映像は花や葉っぱ、土、石となんとなくの色味は分かるものの正解がわからない曖昧なものばかりです。

葉は緑でしょうけど、黄色っぽい緑なのか青っぽいのか、鮮やかなのか渋いのか、石なんて灰色と言っても赤っぽいのか青っぽいのかわからないわけですね。 

なので今回はなんとなくでやってます きりっ!

映像を見ながら実際はこんな感じかなーっていう色味を探っていきましょう。

ただし今回もカラー補正の味方、波形モニター(waveform RGBパレード)は使います。

waveformモニター
オリジナルのwaveform monitor RGBパレードはこんな感じ。

↓ 波形モニターの見方やトーンカーブの更に細かいお話はこちらで解説しています ↓
必見!波形モニタープラグインを使ったカラー補正
波形モニターで色補正 まとめ &挑戦してくれた人紹介

さてRGBパレードを見ると青が上にズレている、青の暗部(下)に隙間があるのがわかりますね。
今までのやり方ではこの青を赤、緑と合わせればよかったのですが、今回は基準のない映像なので必ずしもそれでうまくいくかどうかはわからないわけです。

全くはじめての人用にほんとに簡単にトーンカーブに触れておくと、通常は色の明る暗さを調整するのに使われることが多いかと思いますが、今回はそれはやらずに、トーンカーブで明るさを変えずに色だけを調整します。

トーンカーブ チャンネル
全体の明るさ暗さを調整するRGBとは別にチャンネルで赤、緑、青を個別に選択できます。

トーンカーブの赤
赤チャンネルで上にぐいーんと持ち上げると


赤くなります。

そのままですね。 逆に赤を下に引っ張ると赤の要素が減っていきます。無茶苦茶雑な説明ですが端折ります。 実際に触ってみたらどういう風に変化するのかはすぐに分かると思います(^^)

 

AfterEffects カラーモード

今回はトーンカーブを調整レイヤーに入れて描画モードをカラーにしています。(※モードの表示がない場合は下のスイッチ/モードをクリック)

これによって明るさ暗さは変化せずにカラー(色相、彩度)のみ調整できます。別に明るさも同時に調整しても良いのですが私には複雑に感じるのでもう一個トーンカーブを別の調整レイヤーに入れて輝度は別で調整することが多いです。

 

では実際の映像とウェーブフォームを見比べながらどうするのが良さそうか考えていきます。

waveformモニター

映像を見てみると全体に青っぽいのが何となく分かるかと思います。 そしてそのとおり波形モニターでも青が上がってますね。

このことからやはり青を下げるのが良さそうだと思われます。

チャンネルを青にして

トーンカーブの青

青の暗部を下げてみました。 ※なんで暗部だけかは波形モニターの下の部分が上がってると言うのもあるのと勘みたいなとこもあります。 どれが正しいかは私もよくわかりませんが、大抵は暗部か明部のどちらかを動かして様子を見ることが多いかなと思います。
それについては後述します。 とりあえず進んでみましょう。

青の暗部を下げると

メガネ型カメラ色補正
青暗部から下げる


オリジナル

葉っぱの青っぽさが少し取れて緑の葉っぱらしさが若干出たように見えます。 ※もっと大きく動かせばよかった、わかりにくいですね^^;

ちなみにRGBパレードは

waveformモニター
オリジナル

ウェーブフォームモニター変化
青暗部から下げる

青(の下の方)が赤、緑と並びましたね。

映像は葉の緑が大部分を占めるのでwaveformモニターの緑は赤、青よりも上がっているべきだと推測できるのと、映像を見ても葉の緑がまだまだ弱く感じるので次は緑を動かしてみましょう。

チャンネルを緑にして

緑の明部から上げてみました。 これも先程同様私の勘ということもあるのですが、暗部の一番下は赤緑青大体揃っているので、ここはまだこれ以上変化させなくていいのではないかというのもあります。影の一番暗い部分はほぼ黒で良いんじゃないかと思うので。 ただこれも明確な正解はわからないのでとりあえず予想してみて動かしていきます。

waveform monitor

これによって緑が赤、青より強くなってるのがわかりますね。 そして映像は

眼鏡型カメラの映像
青暗部下げる+緑明部から上げる

一気に葉っぱの緑が出てきましたね~。 先程の状態と比べると・・

メガネ型カメラ色補正
青暗部から下げる

緑が鮮やかになりました! でも全体に緑に染まりすぎてるように感じますね。赤の要素が少なすぎるというか。

 

では次は・・・  

 

とこんな感じでトーンカーブの各色を動かしていって色を合わせていきます。

ただそれだけです。  操作自体はシンプルですが今回の映像は曖昧なものだからなかなか答えがわからなくて難しいとも言えます。

映像によっては単純に青を全体に減らすだけでOKというような簡単な場合もあると思います。 全体にオレンジっぽいとかの場合なんかそうですね。 でも今回のカメラのような小型カメラの場合全体的な色の偏りでなく、部分的に色がズレてることもあります。

そういう場合は明部、暗部を意識して調整していくのが良いと思います。 なので真ん中から全体を動かすのでなく明部暗部の端から動かしてみるのも良いのかなーって思ってます。 もちろん素材によってやり方は色々あると思います。 このこともまた解説します。

 

で結局 上記のように動かしていって、最終的に

こうなりました。

トーンカーブのカラー補正

その時のRGBパレードはこんな感じ。

波形モニターで色補正

青の暗部が下がりすぎてるように見えますが、葉っぱの黄色味がより出たほうが個人的にいい感じに見えたので敢えて青を強めに下げました。 この辺は私の勝手な味付けで感覚的なものです。 

眼鏡型カメラ
オリジナル

メガネ型カメラをカラー補正
補正後

こうやって並べるとちょっと黄色みはたしかに強すぎたかもしれませんねえ。 でもその方が緑の鮮やかさが出ていいかなーってその時は思いました。 

ちなみに、この手の小型カメラは複数持っていますが今回と同様に、青の暗部が上がりすぎてることが多いような気がします。 人物の場合ですと髪の毛が青っぽかったり、肌がピンクぽかったり。 そういう場合は同じように青の暗部を下げて一番下の部分を赤と緑と合わせることで髪の毛は黒に、肌は肌色に戻ります。


X-rite カラーチェッカー パスポート ビデオ

Amazon  Yahoo!ショッピング  楽天市場


おまけ 01 トーンカーブで彩度も変わる

トーンカーブで彩度が変わる

赤緑青を縦に角度をつけると ※色が見やすいようにRGBを少しずらしてます

メガネカメラの映像

このように彩度が上がります。 ※これもモードをカラーにしているので色に関しての変化だけです

 

次は逆に平行に近づけると

トーンカーブ 彩度下げる

メガネ型カメラ画質補正

彩度が下がりました。

トーンカーブのカラー補正

今回の補正は縦に角度が付いてるので色味の変化と同時に彩度も上がって鮮やかになってるということですね。

 

うーん結局またダラダラと長くなっていってるぞお、、、

 

書きかけですがとりあえず公開  続きはまた書き足していきます\(^o^)/

 

1 個のコメント

  • コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。※コメントは承認後表示されます