ホワイトバランスの調整 その2 【3WAYカラーホイール】

カラーホイールを使ったホワイトバランス調整

ホワイトバランスの調整 その1 【色温度、色かぶり補正】

2017.07.24

 

初代管理人
こんにちは

 

カラーホイールというものを使って前回と同じような補正をやってみましょう。

こんなやつです。 今回もAfterEffects(Ae)のルメトリカラーのカラーホイールを使います。 ※3WAYカラー補正、カラーバランスコントロール、オンスクリーンカラーホイールなどいろんな呼び方があるかと思いますがルメトリではカラーホイールと表示されています

Aeでなくても殆どの映像編集ソフトに搭載されているカラー調整の代表的なツールで素早く直感的な補正ができます。
カラーホイールの詳細はまた別記事でも書きますがこれによってカラーバランス、コントラスト等、色に関する一般的な問題の多くをこれ一つで解決することが出来ます。

この円(輪)は虹色になっていますが、これは色の関係性自体を表しているので目で見て直感的な操作ができます。
赤方向に動かせば赤くなり緑方向に動かせば緑になるという簡単でわかりやすい操作感です。
また例えば、画面が意図せず緑に染まってしまっているのを改善したい場合はこの円の緑の反対側、つまりマゼンダ(ピンク)方向に動かせば色が相殺されて望ましい結果に補正できるというものです。

カラーホイール(3wayカラーバランスコントロール)の良いところは、シャドウ(暗部)、ミッドトーン(中間)、ハイライト(明部)の階調範囲に対して個別に調整ができるところです。

 

初代管理人
ではいつものように波形モニターを見ながらやってみましょう!

 

前回のおさらい  

JR宮島フェリーの看板の白を基準にする場合RGBパレードのどこを見たら良いでしょうか?

前回の記事を読んでいたらわかりますね?

 

場所と明るさが対応してることからこの白丸のところですねー。  ※詳しくはホワイトバランスの調整 その1をご覧ください

 

初代管理人
この白丸の部分が横並びにする!

 

ハイライトを動かして調整

白丸の箇所はかなり明るい部分なのでカラーホイールのハイライトを動かして横並びにしてみましょう!


ハイライトを青方向に転がしていきます

これだけで大体揃いました。   簡単ですね。

画像を見てみると

いい感じじゃないでしょうか。 といいつつやっぱ元が夕日がかかってるものなので多少違和感があります^^; あくまでも色を動かす練習としてみてくださいm(_ _)m

Instant Eyedropperで調べるとほぼピッタリ

色補正に便利なカラーピッカー 【Instant Eyedropper】

2017.07.19

 

今回は波形モニターを見て青(と緑)が下がっているので青(緑)方向に動かして赤緑青を揃えるという考え方をしましたが、先の説明に合わせると、看板の白がオレンジがかっているのを白く補正したいので、カラーホイールの円のオレンジの反対側(青緑)に動かして色を相殺させたという言い方ができます。

 

初代管理人
画面の緑被りを直したい時はマゼンダ(ピンク)方向、青被りを直したい時は黄色方向という風に常に反対側(補色)へ動かせばいいのです
小田ちゃん
色の関係性がカラーホイールに表示されていて目で見てわかるので初心者にもわかりやすいですね

 

ハイライトとミッドトーンを動かして実践

小田ちゃん
でもハイライトだけじゃなくてミッドトーン(中間)やシャドウは動かさなくていいの?

 

初代管理人
ではやってみましょう
画像内の中間調に基準となる完全なグレーがある場合は、看板でやったのと同じくそのグレー部分が無彩色になるように調整すれば良いのですが今回は基準がないので画像を見ながら感覚的に動かしてみます 


ミッドトーンも動かしてなおかつ白が合うように調整


ピッタリ


モニターはこんな風にに変化

初代管理人
肝心の画像はこのようになりました

 


ハイライトとミッドトーンを動かして調整


ハイライトのみで調整

比較してみると、好みもあるかもしれないですが私は下(ハイライトのみで調整)のほうが好きです。 
上はアスファルトが青みがかったグレーになってますが若干温かみがあったほうが太陽の感じも出ていいのかなーって気もします。 
でも空に関しては上のほうがより鮮やかで綺麗ですね。 黒いタクシーなんかを見ると上のハイライトとミッドトーンで調整したものは青くなりすぎてるように私は感じます。
もしかしたらこの2枚の中間くらいがお昼っぽいのかなって気がしてきました。

ただこれは元々が夕日が少し混じってるのが正解の画像なので、、、練習には向かなかった気もしますがもうコレでやっちゃったので今回はこのままいっちゃいます^^;

 

カラーホイールの効果の重複する範囲

これは重要な事なんですが、カラーホイールでハイライトだけを動かした場合も実はミッドトーン(シャドウにかかる部分まで)も一緒に動いてるんです。 ※ソフトによって重複する範囲に違いはあるようです

また当然のことですが、ここまでがハイライトでここからがミッドトーンって明確に分けられていると、あるところを堺にパキっとここは青っぽい、ここは赤っぽいなどとくっきり効果がでてしまうと困るので、中間調もなだらかに作用を受けることでそれを回避しています。 
なのでハイライトだけを動かした場合はハイライトから下に行くにつれて効果はなだらかに弱まりながらも中間調の全体にまで影響を与えます。  

小田ちゃん
なるほど、そのおかげで階調の範囲別に制御しながらも自然な補正ができるんですね!

 

逆にハイライトに影響は与えたいけどミッドトーンやシャドウまでは影響を与えたくないという場合は、ハイライトで行ったのと逆方向にシャドウを動かせば良いわけです。
例えばハイライトを青に動かした場合はシャドウを反対の黄色に動かします。 すると中間からシャドウにかけての範囲が青くなるのを防ぐことが出来ます。 
これはまた別の記事でやりましょう。

 

カラーホイールで輝度の調整

カラーホイールは明るさの調整もできます


円の左に縦にスライドできるとこがありますね。  ここでそれぞれの階調範囲を個別に明るさ暗さを調整できます。

初代管理人
では白い看板部分を最大まで明るくしてみましょう

 


現在ハイライトの一番明るいところが95くらいなっているのでこれを100まで上げてみます


ハイライトのスライダーを上げて明るく

この場合も同じくミッドトーン付近まで同時に影響を受けますがミッドトーンの下の方までは影響を受けません。
そして明部が上がって暗部はそのままなのでよりコントラストが付いてシャープな映像にもなります。

RGBパレードモニターを見ると



ハイライトが上の方に移動しました

暗部に近い中間調のアスファルト部分(30~40に見られる塊)も少し一緒に上がっているのがわかります。
0付近は影響を受けていませんが、10付近でもごく僅かですが変化が見られます。
ハイライトだけを動かしているつもりでもこのように全体にも影響があるということを理解しておくとより思い通りの調整ができると思います。

 

初代管理人
画像はこんな感じになりました


ハイライトを明るく調整


明るさの調整前 

微妙な変化ですみません^^; 

もちろんお好みに合わせてミッドトーンやシャドウのスライダーも動かして全体により明るくすることも出来ます。

 

そしていつも言うようにコントラストが上がったので同時に彩度(色の濃さ)も上がってます。 

初代管理人
彩度の状態はベクトルスコープで見ます


ハイライトを調整する前


ハイライトを明るく調整

微妙なので見づらいかもしれませんが、R-Yのところを見たらより外まで伸びてるのがわかります。

RはREDで赤のことですがその方向に一番分布が伸びていますね。 これは赤い街灯や赤い文字や朱色の鳥居などの彩度が高いことを表しています。

初代管理人
ベクタースコープの円はカラーホイールと同じ構造になっていますね

 

カラーホイールはどの階調範囲を動かせば良いのか?

今回は白い看板を基準にしてハイライト部分だけを調整して補正されましたが、黒い部分を基準にした場合はシャドウ、中間調を基準にした場合はミッドトーンで調整します。 という言い方は少し変かもしれませんね。

暗部がズレている場合やズレていない場合など素材によって違うんじゃないかと思います。 一番正確なのはそれぞれの階調で個別に調整すれば良いのだと思いますが、通常はどこか一箇所を基準に調整して、それでもおかしいところがあれば微調整というのがやりやすいんじゃないかと思います。 うーん思います程度です^^;
そしてカラーチェッカーなどを使っていない場合は、大抵は白を基準にするのがやりやすい場合が多いんじゃないかと思います。

でも一部の小型カメラなどは、ハイライトは黄色っぽくシャドウ部は青っぽい等色味がチグハグな場合もよくあります。 そういう時はそれぞれの領域を補正しないとホワイトバランスが正しく補正されませんのでそれもまた別の素材で実練習してみます。

 

最後に

前回色温度と色かぶり補正で調整したものとカラーホイールで補正したものを比べてみましょう。


カラーホイール ハイライトのみで調整


カラーホイール ハイライトとミッドトーンで調整


WBセレクターで自動補正(色温度と色かぶり補正)

色温度と色かぶり補正の場合はよく考えたらハイライトを中心にとかは出来ないで常に全体に色を動かすんですね。
ですが暗部まで青くなりすぎずに調整されてるのはなんでだろう?

カラーホイール ハイライトのみで調整 とほとんど同じ結果になってるように見えます。 うーん不思議。

まだまだわからないことがあるので次はもっとわかりやすい素材でたくさん練習してみよう。

 

 

初代管理人
いかがでしたでしょうか?

 

今日は前回と同じ補正をカラーホイールを使って練習してみました。 

カラーホイールは個人的にとっても使いやすく気に入ってます。
初めての方でも今日の記事だけで使い方は大体わかったかなあと思いますが、カラーホイールについてはまた別の記事でも詳しく取り扱ってみたいと思います。

それではホワイトバランス(カラーバランス)の記事はまだまだ続きます!

 

 

 

道重 さん
マタネー

色補正解説書の決定版

カラーコレクションハンドブック


amazon 楽天ブックス yahoo!ショッピング

初代管理人
カラーホイールやホワイトバランスの調整についても詳しく書かれてますよ

 

最初はどうかな~って思いましたが今ではとても良い本であることがわかってきました。  すごくお高いですがオススメの一冊です。 


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。※コメントは承認後表示されます