RICOH THETA S 弱点克服便利グッズと撮影してきたお話

前回シータSの開封レビューをしましたが今回はその続編です!

【個人レビュー】RICOH THETA開封と楽しむために買ったもの 【360°カメラ】

2017.08.21

今日は誰もが知ってる某有名アミューズメントパークへ行って撮影してきた画像や便利グッズなどを紹介したいと思います。

 

その前に同じような事がして遊べるKeyMission 360と比べてみましょう!

キーミッション360 購入【個人開封レビュー】NIKON

2017.05.03

 

KeyMission 360とRICOH THETA Sのそれぞれの特徴

どちらも全天球カメラですが性格はかなり異なります

キーミッション 360はずんぐりむっくりしたキューブ型って感じですがシータはスリムなステックタイプです。

どちらが良いかというよりはどのシーンで使用するかで変わってくるので両方有ると便利だと思います。

 

初代管理人
それぞれの長所と短所を見てみましょう

 

キーミッション360はmicroSDカードとバッテリーが交換できるので予備を用意しておけば連続して使い続けられます。

また防水なので天候も気にせず使えますし水辺でも問題なし!

結構重いのでしっかり手に持ち移動するにはレンズに指紋が付きやすいです。

 

手で持って撮影はやりにくいのでこのカメラは手持ちならセルフィー棒を併用したりどこかに取り付けて使うのが正解かなと思います。

 

ストラップホールが付いてますが冶具でどこかに取り付けた際に落下した時の紛失防止に使うのがよさそうです。

 

一方RICOH THETAはしっかりと握って持ち歩きが可能です。

初代管理人
軽くて細いので持ちやすいです

 

シャッター押すときはこんな感じの持ち方になるのでKeyMission 360と違い自撮り棒とか無しで本体だけでも押しやすく指が撮影の邪魔になる事は有りません。

この機種の長所としては

・軽い
・持ちやすい
・扱いやすくて手軽

などが上げられますがその反面ウイークポイントとしては

・バッテリーが交換できない
・内蔵メモリーにしか記録できない
・防水ではない

などです

まるっきりキーミッション360と正反対ですが、だからこそ2台持つ価値が有ると思います。

 

RICOH THETAのスマホWi-Fiパスワード

機器に慣れた人はマニュアルを熟読せずにすぐに充電、設定し使い始めるという人も多いかなぁと思いますが、その時にスマホとのペアリングで悩む人も出てきそうですのでちょっとそのことを書いておきます。

リーコーシータは底面にシリアル番号が書いてありますがこれがそのままWi-Fiのパスワードになっています。

画像処理をしてマスクしておりますが例えば僕の機種が底面に

「XS00
224466」

と書いてあったとすると、

この機種のシリアル番号は「XS00224466」という事です。

Wi-Fiのパスワードは最初のアルファベット2文字を外した「00224466」です。

この数字は個体ごとに全て違う番号が割り振られている事を確認いたしましたので剥がしたりせず擦れて見えなくなったりする可能性を考えるとメモしておくと安心かと思います。

1行目の「XS00」は数字のゼロゼロなのかアルファベットのオーオーなのか分かりにくいにですが数字のゼロゼロです。

これからRICOH THETAを買う人はこれを知っていると悩まずにスムーズにスマホとペアリング出来るかなと思って書いておきました。

 

夢の国でRICOH THETA 360°撮影

ではここで実際に僕が撮影した画像を紹介します。

初代管理人
夢の国と言われているあそこに行ってきました

 

個人が特定できる画像の公開はマズイと思いますので今回は撮影した静止画をiPhoneの画面でスクショした画像です。
※ちょっと人のいないとこで撮ってきてそれを360°見れるように今度公開しますね

 

夜に屋根の有る十字路みたいなところで撮影した画像です

全球で全てを表示するとこんな感じですがiPhoneの画面をぐりぐりと指を滑らせて色々とみてみましょう。

 


真正面のオブジェ

iPhoneで通常に撮影するような画像ですが・・・

でも画面を指でぐりぐり廻して前も横も後ろも下も上もワンショットで見れちゃうんですねぇ(^^)

この画像の方向はカメラに対して右側の画像で、赤く印したところはカメラを握っている指です。
この部分は少し繋ぎが不自然ですが離れたところは問題なく普通に映ってます。


ちなみに映っている方向はこの向きになります

レンズが向いていないほうが見事に写せるのは感動です。

 


左側です

これもカメラの真横の画像です。

このカメラだと側面を撮りたい被写体に見せるように持てば撮っているような意識を全く与えず撮れるので色々な事に使えそうです。

 


真後ろです

もちろん360°なので水平方向だけじゃなく上も下も自由に撮影後に見ることが出来ますよー。

これは天井を表示させた所ですがシータSはレンズの明度がF2.0の背面照射CMOSなので暗い部分もこれだけしっかり映るのがすごいです。

 

正面の電飾のオブジェも天井の暗い部分もワンショットでこれだけ写せるのですから単に暗いところに強いだけじゃなくダイナミックレンジも広くて全天球カメラとしてはとても良い映りをしてくれてると思いました。
ちなみに価格のリーズナブルなカラフルなシータは撮像センサーは何を使っているかメーカーは公開していません。

 

真下を表示させた所です

顔の部分はマスクいたしましたがこんな風に頭の上にカメラを掲げで撮影しました。

カメラの周辺はつなぎ目が少し不自然になりますが他の部分は完璧です。 

 

こんな感じでワンショットで回りを全て撮影してからあとでゆっくり好きな所を表示させて見たりとか気に入ったアングルのショットを切り出して写真にするのも面白そうですねぇ。 

360度カメラは撮影の常識を覆す新しい楽しみが有りもう夢中になりそうです!  でも周りに人がいると自分も含めて前後左右みんな映っちゃうので公開するのが難しそうなのでそこら辺も今後アイデアを考えたいと思います。  

 

RICOH THETAの弱点を克服! 持っておきたい周辺機器

シータSは持ち運びも楽でちょい撮りには最高なのですが、弱点を克服しとことん撮影を楽しむために便利な周辺機器を用意してみました。

 

モバイルバッテリー

バッテリーの交換はできませんんがこのようにすれば手軽にどこでも充電できるので電池切れを心配する必要が有りません。

スマホにも充電が出来ますのでモバイル電源は一石二鳥、無くてはならないくらい当たり前のものになってきました。

 

USBフラッシュドライブ

他にネックとなっている所が内臓メモリーしか使えない点です。

内蔵メモリーの容量は8GBなので動画を撮りまくる場合はせっせとiPhoneにデーターを移さないと撮影領域が確保できません。

でも僕のiPhoneは64GBなのですでに色々なデーターを入れているのでこれもまた容量が気になり幾らでも保存という訳には行きません(T_T)

そこで購入したのがこのレキサーの128GBのフラッシュドライブです。

これが有ればiPhone本体で撮影した写真や動画なども容量を気にせず沢山撮れますし接続したウエラブルカメラなどのデータの保管容量にも困りません。

128GBの容量が有ればどんなに撮って楽しんでもまず困る事は無いと思います(^^)


Lexar USBフラッシュドライブ 128GB

amazon  Yahoo!ショッピング  楽天市場


初代管理人
本体めちゃ小さいです


折りたたむクリップも有るのでこのようにコンパクトに持ち運べます

片方はライトニングコネクターになっているのでiPhoneにそのまま刺してデータを移動でき、もう片方は一般的なUSB端子になっているので帰宅後にパソコンにデータを移せます。

 

このフラッシュメモリーは単にiPhoneの容量不足を解消するためだけではなく、出先でモバ電源に繋いでiPhoneの充電もできるので非常に便利なアイテムです。

モバイル電源とこのフラッシュメモリーが有ればリコーシータSの弱点である稼働時間と記録容量を完全に克服できるので是非とも押さえておきたいアイテムです。

 

GoogleマップとRICOH THETA S

皆さんはテレビ朝日が放送している「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」という番組をご存知でしょうか?

楽しく見ていたらなんと先日の放送でRICOH THETA Sを使ったロケをやっていました(^^)

放送番組のテレビ画面を撮影した画像ですが、伸びるセルフィー棒の先にTHETA Sが付けられていて根元には画像が確認出来るようにiPhoneが装着されていました。

これいいなぁ~と思い早速真似をしたいと考えております。

今は誰でもGoogleマップに自分の撮影した画像を投稿できて、この番組で撮影したTHETA Sの画像もGoogleマップで見ることが出来ますよ。

それが上の画像です。

投稿者はこのコーナーの主人公のバットナイス常田さんで「ドローンアース」というコーナーで、撮影場所はアイスランドのSun Voyager (サンボヤージャー)というところです。

 

バットナイス常田さんが撮ったGoogleマップの360°画像を貼っておきますね。 ぐるぐる動かして見てください。

Googleマップでこの場所を検索して上の投稿画像を見れますし、他にもたくさん画像があります。

 

Googleマップで画像を見てみるとヘルメットにはGoPro HERO5が取り付けられていてこの撮影機材はRICOH THETA S、画像制御はiPhone、横にあるドローンはPhantomで僕は全て所有しておりますのでこの番組みたいに色々なところで撮影をして皆様に披露出来たらなあと思います。


RICOH THETA S 360度 全天球カメラ

amazon  yahoo!ショッピング  楽天市場

 

Nikon 防水アクションカメラ KeyMission 360 BK

amazon  ・Yahoo!ショッピング    ・楽天市場


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。※コメントは承認後表示されます