Kodak PIXPRO SP360 4K 個人開封レビュー

PIXPRO SXZP360

世界初の4K対応アクションカメラ PIXPRO SP360 4K

 

初代管理人
こんにちは

 

前回は全球カメラでの撮影が面白くてドライブレコーダーでもありながらウエラブルカメラとしても使えるというカーメイトのd’Action 360を購入した事をお伝えいたしましたが、

今回は

水平方向に360度撮影できる4K対応アクションカメラ、コダックのSP360 4Kを購入しましたのでさっそく開封レビューです。


コダック ピクスプロ  Kodak PIXPRO SP360 4K


amazon     yahoo!ショッピング     楽天市場


 

PIXPRO SXZP360の箱

初代管理人
アクションカムで4K対応はこれが世界初の商品だそうです

 

PIXPRO SXZP360の箱裏面

外箱の裏面と側面を見ると特徴が白文字で書いてありますがYouTubeのロゴを一際目立たせたパッケージですね。

いかにも 「是非YOUTUBEをこれで撮影してくれ」

と主張しているように見えます。

 

確かに今は360度動画撮影したものをアップロードすると自由に皆にぐりぐり回転して見てもらえるので楽しいと思います(^^)

 

初代管理人
箱を開けてみましょう

 

PIXPRO SXZP360の内容物

決行色々入っているのですが、電子マニュアルで詳細は確認するようにというスタイルなので取説はとてもシンプルで最小限の事しか書いてありません。

 

PIXPRO SXZP360 同梱品

これが箱の中身全部です。

バッテリーは内蔵させるタイプで交換できるので別売バッテリーを揃えれば長時間撮影も大丈夫そうです。

 

PIXPRO SXZP360 外観

前回ダクション360はドラレコでもあるのでメインは吊るして下側を360度撮影 するのが前提になっています

一方

このKodak SP360は普通に置いて上の空間を撮影するのを想定されている商品です。

 

ちょこっとどこにでも置いて空間を全方位撮影できるのは魅力です。

 

初代管理人
d’Action 360と比べてみましょう

PIXPRO SXZP360とd'Action 360比較

d’Action 360にオプションバッテリーを付けてウエラブルカメラとして使えるようにした状態で大きさを比較。

Kodak SP360はバッテリーを中に収納するので装着しても大きさは変わりません。

こうして比べてみるとダクション360よりかなりコンパクトですね。

重さも見た目はずっしりと重そうな感じがしますが意外と軽いんです(^^)

 

PIXPRO SXZP360とd'Action 360比較 上から

上から見た所です。

表面積も小さくコンパクトさが際立ちます。

 

PIXPRO SP360 4Kのレンズ周り

PIXPRO SXZP360 レンズカバー

レンズカバーが2つ付いているのですが予備かな?
と思ったらご覧の通りカーブが違うものでした。

 

PIXPRO SXZP360 レンズカバー

単なる形状が違うカバーなのかなと思ったらこの画像のように光線が屈折しますのでどちらを付けるかで映りが変わるようです。

 

PIXPRO SXZP360 レンズ周り

PIXPRO SP360 4Kはレンズ周りはこれが標準で付いています。

レンズカバーとそのカバーを覆うためのラバー保護カバーも有ります

ダクション360にはレンズカバーすら無いのでぶつけたりとか心配なのでオプション売りでも良いので透明なカバーを発売して欲しいなぁ~と思います

 

SP360 4Kの本体外観チェック

PIXPRO SXZP360 操作面

操作面です。

殆どの操作はここでします。

 

PIXPRO SXZP360  三脚穴

この面に三脚穴が有るんですねえ。

底面には取付穴は有りません。

2台使って背中合わせにして合体させると2眼の全球カメラに出来るのでここに三脚穴が必要だったのかなと思いますが底面にもあって欲しかったなあと思います。

そうなると少し大きくなっちゃいますかねぇ~。

 

あっ でも自撮り棒を付けて真横に伸ばして地面に置いて撮るのに便利かも知れませんね。

 

PIXPRO SXZP360 カバー

これはちょっと・・・と思った部分が三脚穴の下のラバーの蓋なんですが・・・
ここにUSBとHDMI端子が有ります。

三脚など何かに取り付けている時は外さないと挿せないですしSDカードも交換できないのでこれはちょっと良くないな~思います。

以前miniDVカメラを使っていた時、テープ交換が下側が開くタイプを使用していて交換のたびにいちいち三脚から外すのが手間だった事を思い出してしまいました(T_T)

外して付ける手間はまだ良いとしても取り付け直すと完全に同じ位置に戻せずアングルが少し動くのが嫌なんですよねぇ~。

 

PIXPRO SXZP360 液晶

この部分は液晶表示部です。

液晶といっても映像モニターでは無く動作状況が確認できる表示部です。

必要な情報は一括で見れますからスマホとペアリングしてなくても操作状態は分かりますしスマホを使わなければWi-Fiの電波を使わないので電池の消費が抑えられます。

でも前面がカラーモニターになって映像が見れたらもっと良かったかなぁ~とも思います。

360度カメラで映像確認モニターが有るものって殆ど存在しないので・・・

 

PIXPRO SXZP360

この面は何もなくロゴが大きく書かれています。

4Kの文字が誇らしげですがコッチの面に三脚取り付け穴を装着して欲しかったなー。

 

PIXPRO SXZP360 ポーチ

ポーチもセットで付いていますので持ち運びも楽々です。

見ての通り上下の材質を変えていて縫い付けの手間も掛かった丈夫な作りでカラビナも付いているのでなかなか良い出来です。

 

d’Action 360KeyMission 360 と似たようなカメラを持っていますが、その形を生かしたその機種ならではの撮影方法とアイデアで全然違った撮影が出来ると思いますので、使い比べながら紹介していこうと思います。

 

実はまだ色々な機種を買ってありますのでまずはまた手持ちの機材を紹介していきたいと思いますのでまた見に来てください。


カーメイト ドラレコ×アクションカム  d’Action 360
amazon  Yahoo!ショッピング  楽天市場


コダック ピクスプロ  Kodak PIXPRO SP360 4K


amazon     yahoo!ショッピング     楽天市場


 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。※コメントは承認後表示されます